遺品整理 

  

遺品整理のプロ

葬式

 遺品整理業者で構成されている業界団体が、業界独自の資格認定制度を運営しています。団体が認定する遺品整理士の資格は、単なる民間資格の一種に過ぎませんが、遺品の持つ特殊性や、作業をスムーズに進めるための具体的な方法、作業を進める上で必要になってくる関連法令の知識などをしっかり身につけることが求められていますので、信頼性の高い資格だと言うことができます。遺品整理士資格に対する社会的認知度が高まってきているため、利用に際して、業者がその資格を有しているかどうかを利用者が確認するケースが増えてきています。資格を持っていないと客が他の業者の元へ流れていってしまうため、この資格の取得を目指す業者が増加してきています。一番わかりやすい目安になりますので、今後は遺品整理士資格の有無が重視される傾向が強まるものと考えられています。

 遺品整理業を開業するにあたり、特別な資格を有している必要は一切ありません。また、行政の許認可を取る必要もありませんので、それこそ看板さえ出せば、誰でもその日のうちに営業を開始することができます。そのため、提供されるサービスの質の業者間格差がかなり大きくなっています。利用する側からすれば、わざわざお金を支払って利用するわけですから、少しでも良いサービスを受けたいと考えるのが当然です。良い業者を利用したいと考えているのであれば、上述したように、遺品整理士資格の有無を確認してみることをおすすめします。また、産業廃棄物処理運搬業の許可を得ているかどうかについても、チェックしてみるのが望ましいです。現実的なことを考えると、遺品の大部分は産業廃棄物として処分されることになります。ですので、利用する業者が産業廃棄物処理運搬業の許可を得ていることが意外に重要になってきます。


オススメリンク

  • パシフィックオーシャンコーポレーション

    神奈川の散骨できる場所は限られています。散骨をする流れに従って、思いを込めて遺骨を海に返しましょう。
  • あい・らいふ

    大阪の葬儀業者選びをしているならこちらがお勧めです。専門のスタッフが親身になって対応してくれますよ。
  • 納骨堂読本

    便利な納骨堂は、今多くの人が利用を始めています。都内にも通いやすい地域にあるので、遺族にとっても利便性が高いですね。

様々な遺品整理

献花

遺品整理が行われるパターンとして多いのが、賃貸物件で孤独死した場合の利用です。その亡くなった人が住んでいた部屋の状況によっても金額は変わります。特殊清掃や消臭作業を提供する業者も多いです。

詳細を確認する

最近の仏壇

墓地

仏間のある家庭も少なくなっており、仏壇をいざ購入する時に価格帯や選び方がよくわからないといった人も多いです。現在は箪笥の上におけるコンパクトな仏壇やインテリアとしても使えるものなどがあります。

詳細を確認する

お墓のスタイル

墓石

お墓の中には個性的な墓石を導入する、デザインに凝る人も増えています。まずは石材店に頼むのが一般的ですが、墓地によっては石材店が決められている場合もあるので、お墓を建てる前に墓地の規制などを知っておくのが良いです。

詳細を確認する

遺品整理にかかるお金

墓地

遺品整理にも価格相場があります。東京などの都市部で需要が高まる遺品整理の専門サービスは、人数単位で費用をカウントする所が多く、1人1時間千円から2千円ほどだと言われています。

詳細を確認する

遺品整理を依頼する

墓地

大阪などの都市部でも、遺品整理業者への依頼は増えています。中には遺品整理士といった資格を有する専門業者も存在します。業者に依頼する時のポイントとしては、これらの資格とともに、料金とサービス内容も考慮するのが良いです。

詳細を確認する